アマファン!アマファン!

Fire TV Stickの第一世代について

  • Release

Fire TV Stickは、モデルチェンジを何度も行なっています。その度に、新しい機能が追加されていきました。

2022年8月時点の最新モデルは、Fire TV Stick第三世代と言われています。

本記事では、Fire TV Stick第一世代に焦点を当てて、第二世代と第三世代との違いを解説しています。

第一世代のスペック

デバイスに問題がなければ、現在も使用している方もいらっしゃると思います。

しかし、第一世代が販売されてからモデルチェンジを経て、いくつかのデバイスが販売されています。

そこで、いままで販売したFire TV Stickのスペックを比較いたしました。以下の表の通りです。

 Fire TV Stick 第一世代Fire TV Stick 第二世代Fire TV Stick 第三世代
CPU2コア 1GHz4コア 1.3GHz4コア 1.7 GHz
GPUBroadcom VC4Mali-450 MP4IMG GE8300
電源ボタンなしありあり
音量ボタンなしありあり
Alexaボタンなしなしあり
アプリボタンなしなしあり

処理スピード・動作について

Fire TV Stick第一世代と第三世代を比較すると、映像処理や動作処理のスペックが150%以上向上したと言われています。

第一世代の状態を解説すると、リモコン操作がディズプレイ上に反映するのが遅く、動きがカクカクしています。

また、アプリ起動時などの処理速度が遅く、起動までに待ち時間が発生します。

使用できるアプリについて

Fire TV Stick第一世代では、利用できないアプリもございます。例えば、Netflixやディズニープラスが起動できなくなったと報告があります。

そのため、これからFire TV Stickの購入を考えている方は、最新版の第三世代がおすすめです(2022/8月時点)。

Fire TV Stick第三世代を購入するなら、セールやキャンペーン中の以下のショッピングモールをご利用ください。

リモコンについて

Fire TV Stick第一世代

Fire TV Stickのスペック比較表を見ていただくとわかるように、第一世代では利用できるボタン(機能)に限りがあります。

第三世代にある機能のうち、第一世代に搭載されていないボタンは、以下の通りです。

  • 電源ボタン
  • 音量ボタン
  • Alexaボタン
  • アプリボタン

特に、電源ボタンと音量ボタンはFire TVリモコンでもテレビ自体の操作を可能にした画期的なサービスです。

そのため、第一世代では使用できないことは大きなデメリットと言えます。

Fire TV Stickを今すぐにチェックする

  1. 数万以上のストリーミングを大画面で楽める
  2. 音声でコンテンツをコントロール
  3. ライブ配信中の番組も視聴できる
  4. テレビに繋ぐだけの簡単セットアップ