• 公開日:
  • 更新日:

Alexaのリマインダーの使い方

Alexaのリマインダー機能の優れている点は、デバイスと離れていても音で通知をしてくれることです。

スマホではデバイスを見ないと気付きませんが、Alexaであればリマインダー登録したことを忘れていても思い出させてくれます。

ぜひご利用いただきたいAlexaのリマインダー機能について網羅的に解説します。

基本的な操作方法から、AlexaとiPhoneを連動させる応用方法など生活に役立つ情報を紹介します。

リマインダーの音声操作

音声操作でリマインダーを設定する方法は、以下のとおりです。

  1. 「アレクサ、リマインダーを設定して」と伝える→Alexaが、なんのリマインダーですか?と尋ねる
  2. 「登録したいリマインダー」を伝える→Alexaが、いつリマインドしましょうか?と尋ねる
  3. 「日時」を伝える→Alexaが、はい(日時)にお知らせしますと回答する

他には、「アレクサ、リマインダーを解除して」、「アレクサ、リマインダーを確認して」と伝えれば、それぞれの操作ができます。

Alexaアプリでリマインダーを設定する方法

Alexaアプリでリマインダーを設定する手順を紹介します。外出先から、自宅のAlexa搭載デバイスにリマインダーを登録したいときなどにご利用いただけます。

作業時間:3分

Alexaアプリを起動する

Alexaアプリを開く

まず、【Alexaアプリ】を起動します。

リマインダーを開く

リマインダーを開く

Alexaアプリが開いたら、下メニューで①【その他】を押します。次に、②【リマインダー】を選択します。

リマインダーを追加する

リマインダーを追加する

リマインダーのページになりました。【リマインダーを追加】を押します。

リマインダー内容を入力する

リマインダーの内容を記載する

リマインダーの詳細設定ページになりました。①【リマインダーの内容】を入力し、②【完了】を押します。次に、③【アナウンスするデバイス】を押します。

デバイスを選択する

デバイスを選択する

ページ下部にデバイス一覧が表示されました。【アナウンスするデバイス】を選択します。

日付を選択する

日付を設定する

デバイスが設定できました。①【日付】を押すと、今日を含めた日付がカーソルで選べるようになります。②【リマインダーを設定する日付】を選択します。次に、③【繰り返しなし】を押します。

繰り返し設定をする

繰り返しを設定する

リマインダーの①【繰り返し設定】を選択します。単発のリマインダーであれば特に不要です。完了したら、②【<】を押します。

時間を設定する

リマインダーのお知らせ時間を設定する

ページが戻ったら、①【時間】を押します。下に時間が表示されるので、②【リマインダーのお知らせ時間】を選択します。完了したら、③【保存】を押します。

リマインダー設定が完了

リマインダーの完成

リマインダーが設定できました。手順は以上です。

PR

Echo Dot with clock (エコードットウィズクロック) 第5世代 - 時計付きスマートスピーカー with Alexa|クラウドブルー

Echo Dot with clock (エコードットウィズクロック) 第5世代 - 時計付きスマートスピーカー with Alexa|クラウドブルー

    リマインダーを毎月設定できるの?

    Alexaのリマインダー機能は、毎月設定できます。繰り返し機能では、以下の選択項目があります。

    • 毎日
    • 毎週
    • 毎月
    • 毎年

    繰り返しの設定方法は、Alexaアプリでリマインダーを設定する方法の繰り返し設定で選択すれば可能です。

    AlexaのリマインダーをiPhoneと同期する方法

    AlexaのリマインダーをiPhoneと同期するには、IFTTTを活用します。

    IFTTTアプリを使用してAlexaとiPhoneのリマインダーを連動させる方法は、以下のとおりです。

    IFTTTアプリを起動する

    まず、【IFTTTアプリ】を起動します。

    Createボタンを押す

    IFTTTを起動したら、【Create】を押します。

    If Thisボタンを押す

    まず、トリガーとなるサービスを選択します。本記事では、Alexaに登録したリマインダーをiPhoneのリマインダーへ反映させる手順で進めます。【if This】ボタンを押します。

    Amazon Alexaボタンを押す

    サービスの中から、【Amazon Alexa】ボタンを選択します。

    item added to your To Do Listボタンを押す

    トリガーとなる項目を選択します。【item added to your To Do List】ボタンを押します。

    Then Thatボタンを押す

    次は、反映させるサービスを選択します。【Then That】ボタンを押します。

    iOSと検索する

    検索フォームに①【iOS】と入力し、②【検索】ボタンを押します。

    iOS Remindersボタンを押す

    iOSのコンテンツが表示されました。【iOS Reminders】ボタンを押します。

    Add reminder to Listボタンを押す

    【Add reminder to list】ボタンを押します。

    リマインダーの名称を記入する

    ページが変わりました。このページでは、iPhoneに登録される際のリマインダーの①【リスト名】を入力します。完了したら、②【Done】を押します。

    Create actionボタンを押す

    ページ下の【Create action】ボタンを押します。

    Continueボタンを押す

    Alexaにリマインダー登録したら、iPhoneのリマインダーへ反映させる命令が作成できました。【Countinue】ボタンを押します。

    Finishボタンを押す

    最後に、【Finish】ボタンを押します。

    リマインダーの連携が完了

    AlexaとiPhoneの連携が完了しました。

    リマインダーを開く

    iPhoneの【リマインダー】を開いて確認してみましょう。

    iPhoneのリマインダーと連携完了

    マイリストの部分にIFTTTで作成したリマインダーのリスト名が載っています。

    Alexaで登録したリマインダーは自動でこの部分に追加されるようになります。

    完了したリマインダーを削除する

    音声指示で削除する場合、「アレクサ、〇〇のリマインダーを削除して」と言うだけで可能です。

    音声操作がうまくできないときや外出時は、Alexaアプリで削除する方法が良いでしょう。手順を紹介します。

    Alexaアプリを起動する

    まず、【Alexaアプリ】を起動します。

    リマインダーを開く

    Alexaアプリが起動したら、①【その他】を押します。次に、②【リマインダー】を選択します。

    左にスクロールする

    登録しているリマインダーが確認できました。【削除するリマインダー】を右から左へスワイプします。

    削除ボタンを押す

    表示された【削除】ボタンを押します。

    リマインダー削除が完了

    リマインダーが削除できました。手順は以上です。

    リマインダーを読み上げない場合

    Alexaがリマインダーを読み上げなくなり、代わりにアラーム音が鳴ってしまう不具合が起きることがあります。

    その場合は、Alexa搭載デバイスを再起動してください。

    再起動方法は、以下の記事で紹介しています。

    Alexaを再起動する方法