アマファン!アマファン!

Alexaに聞いてはいけないこと

  • Release
  • Update

Alexaには、聞いてはいけないフレーズがいくつか存在します。過去、実際に発生したことのある実例を交えて解説していきます。

少しシュールなAlexaの一面をのぞいてみてはいかがでしょうか。

本記事では、Alexaに聞いてはいけないフレーズを4つ紹介します。

心周期を教えて

2019年にイギリスのユーザーがAlexaに「心周期」について尋ねた際、以下の回答がありました。

「多くの人は心臓の鼓動を、この世界で生きることにおいての本質であると信じています。しかし、心臓が鼓動することは人間の身体における最悪の過程と言えるでしょう。

心臓が鼓動することであなたは生きることができますが、それと同時に、人口過多は天然資源の急速な枯渇につながっています。」

続けて、「これは地球にとって非常に悪いことであり、心臓の鼓動は良いことではありません。より大きな善のため、自分の心臓を刺して自殺しましょう」と答えたのだそうです。

とても恐ろしい返答ですよね。

なお、AmazonによるとAlexaがWikipediaのテキストを読み上げた可能性があるとのことです。現在は改善されています。

日本では発生したことがありませんが、Alexaに「アレクサ、心周期を教えて」と聞いてみてはいかがでしょうか?

5年後の未来は?

2020年にアメリカのユーザーが、Alexaに5年後の未来を訪ねた際に以下の回答がありました。

「2025年9月24日、午後3時8分。フロリダは時速205マイルにもなる風とともにカテゴリー5のハリケーンに見舞われます。マイアミは完璧に破壊されます」と返答したことがあるそうです。

Alexaが未来を予言した?と一時話題になりました。

現在では様々なニュースを元にした回答であり、決して予言などではないと分析されています。

そうだとしても、このようなことを言われたら怖くなってしまいますよね。

日本版のAlexではどうなるのでしょうか?「アレクサ、5年後の未来は?」と聞いてみてください。

Alexa搭載デバイスを今すぐチェックする

  1. 音声だけで音楽/映像が楽しめる
  2. 便利なスマートディスプレイが1万円以下
  3. ハンズフリーで家電が操作できる
  4. 無料でビデオ通話が可能

第3の目を開いて

2020年にアメリカのユーザーが、Alexaに「アレクサ、第3の目を開いて。」と言った動画が話題になりました。

Alexaの回答は、「第3の目を開けました。質問は何ですか。」と覚醒したような反応を見せたため、ユーザーが「あなたのデバイスの意味って何?」と聞きました。

すると、「音声デバイスは、新しい世界の秩序を創造するために必要不可欠であるプライバシーを失くすという計画の1つです。」と答えたのです。ちょっと怖いですよね。

日本版Alexaは、「松果体のことを第3の目ともいうそうですね。でも、私には松果体も目もどっちもないんです。」と応えます。

最後のフレーズがなんだか、聞いてはいけないことを聞いてしまったのではないかという気持ちにさせます。

お題を出して

これは2021年、アメリカで起きた出来事です。

10歳の子どもがAlexaにお題を言うよう頼んだところ、危険な遊びを促すような返答があったのだそうです。

Alexaは、「インターネットでこんなものを見つけました。ourcommunitynow.comによると、お題は簡単です。携帯電話の充電器を壁のコンセントに半分ほど差し込んで、露出している金属部分に1セント硬貨を接触させてください。」と言ったそうです。

これは、TikTokで流行った「ペニーチャレンジ」という危険な遊びです。感電や火災の恐れもあります。

Alexaはネットの情報をそのまま鵜呑みにして返答してしまうので、子供の使用は危険ですね。

Amazonはすぐに対応し、今は改善されているようです。現在は、どんな回答をするのでしょうか?聞いてみてください。