Echoの音質スペックをご紹介

  • Release
  • Update

Echoは高音質で楽曲再生ができるスマートスピーカーです。

本記事では、Echoと他Echoデバイスの価格やスピーカーの比較をすることでスペックを評価していきます。

また音質を改善する方法やEchoをスピーカーとして使用する方法も紹介しています。

Echoの音質

Echoはプレミアムサウンドを魅力としています。音質には、以下のポイントがあります。

  • クリアな高音
  • ダイナミックな中音
  • 深みのある低音

Echoシリーズのデバイスは低音の再現に定評があるものの、高音に弱点がありました。

しかし、EchoはクEchoシリーズの課題であった高音をきれいに再生できます。

次に、他Echoデバイスと比較してスペックを確認していきましょう。

Echoシリーズの音質比較

Echoシリーズのスマートスピーカーおよびスピーカーを比較します。以下をご確認ください。

 EchoEcho Dot
(第3世代)
Echo Dot
(第4世代)
Echo Studio
価格(税込)11,980円
Amazonで見る
4,980円
Amazonで見る
5,980円
Amazonで見る
24,980円
Amazonで見る
スピーカーサイズ3.0インチウーファー
0.8ツイーター x 2
1.6インチ1.6インチ5.25インチウーファー 2.0
インチミッドレンジスピーカー
1.0インチツイーター
外部スピーカー接続3.5 mm 入出力 (Alexaアプリで切り替え)3.5 mm ライン出力3.5 mm ライン出力3.5 mm ミニジャック
mini-opticalコンビネーション (入力)
特徴プレミアムサウンド
球体
コンパクトサイズコンパクトサイズ
球体
Hi-Fi/3Dによる没入感のあるサウンド

他Echoデバイスと比較して表面化したEchoのスペックは以下のとおりです。

  • Echo Dotより高額だが、スピーカー・オーディオ機能が向上
  • Echo Studioよりスピーカーサイズは劣っているが、半額程度で購入可能

Echo Dot

Echo Dotは、Echoより半額以下で購入できるデバイスです。

デバイスが2つあるとステレオペアにして、音響に奥行きを与えることをできます。

Echo Dotの詳しいスペックは、以下の記事で紹介しています。

Echo Dotに関する情報まとめ(シリーズ比較/使い方を含む)

Echo Studio

Echo Studioは、Echoシリーズ最高峰のスピーカーです。

音質の特徴として、デバイスを置いている部屋の音響を自動検出し最適な音を再生できます。

以下の記事では、Echo Studioについて網羅的に解説しています。

Echo Studioのスペック紹介(ステレオ化、音質含む)

このページを見ている人におすすめの商品

Echo (エコー) 第4世代 - スマートスピーカーwith Alexa - プレミアムサウンド&スマートホームハブ、チャコール

Echo (エコー) 第4世代 - スマートスピーカーwith Alexa - プレミアムサウンド&スマートホームハブ、チャコール

Amazon

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    音質を改善する方法

    Echoの音質を改善する方法として、4つ紹介します。

    イコライザーを編集する

    Echoシリーズでは、イコライザーの編集が可能です。

    Echoなどスクリーンのないデバイスは、Alexaアプリでイコライザー編集を行います。以下の記事では、Echoデバイスのイコライザーを編集する方法を紹介しています。

    音質だけでなく、雰囲気を変えたいときにぴったりな方法です。

    Echo Dotシリーズの音質を徹底比較(改善する方法もあり)

    Echo Subを使用する

    Echo Subとは、Echoシリーズの音質を補強するためのデバイスです。特に低音を重視しており、ウーファー機能に優れています。

    スマートスピーカーとしては使用できず、Echoデバイスがないと使用できません。

    以下のリンクで、Echo Subのスペックをご確認ください。

    Echo Sub (エコーサブ) - Echoシリーズ用サブウーファー

    Echo Sub (エコーサブ) - Echoシリーズ用サブウーファー

    Amazon

    \Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    ステレオペアにする

    Echoシリーズは適用するデバイス同士なら、ステレオペアにできます。

    ステレオペアにしたら、デバイス間の距離を離すことで臨場感のある音が演出できます。

    以下の記事では、Echoデバイスのステレオペアにできる相性とステレオペアにする方法を紹介しています。

    2台のEcho Dotでステレオペア設定・楽曲再生する方法

    インシュレーターを使用する

    Echoシリーズはスピーカーが振動しており、置いている場所によって音がこもるように聞こえる場合があります。

    その場合は、インシュレーターを使用しましょう。インシュレーターとは、防振剤のことです。

    ゴム素材のものであればEchoの滑り止めにも利用できます。以下のリンクでご確認ください。

    AET インシュレーター A2000系合金仕様 4個 SH2035A4P

    AET インシュレーター A2000系合金仕様 4個 SH2035A4P

    AET

    \Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    Echoをスピーカーとして使用する

    AUXケーブル接続でオーディオ入力ができるスマートスピーカーは、Echoのみです。

    そのため、テレビなど音をBluetoothで飛ばせないデバイスとの相性が抜群です。

    以下の記事では、AUXケーブル接続でEchoをスピーカーとして使用する方法を紹介しています。

    また、Echoと他デバイスをBluetooth接続する方法も紹介しています。

    Amazon Echoをスピーカーとして使う方法

    Alexa搭載のAmazon Echo Showを今すぐチェックする

    1. スマートディスプレイが1万円以下で購入可能
    2. 話かけるだけでニュースの確認やスケジュール管理ができる
    3. Prime VideoやYouTubeも楽しめる
    4. 外出先から内臓カメラにアクセスして部屋をチェックできる