アマファン!アマファン!

Alexaのスキルを開発する方法

  • Release
  • Update

Alexaスキルは、ニュースなどの必要な情報取得やスマートホームと連携させるものなどがあります。実は、便利なAlexaスキルを個人で開発する方法があります。

本記事では、初心者が独りでAlexaのスキルを開発できるように必要を情報を網羅的に解説します。

スキルの開発には費用はかかるのでしょうか。そして収益化などは可能なのでしょうか。

はじめてのAlexaスキルを作成してみましょう。

Alexaのスキルを開発する方法

スキルの開発は設計、実装、テストという流れで行います。

スキルにはカスタムスキル、スマートホームスキル、フラッシュブリーフィングスキルの3つの種類があるのでどの種類にするかを決めます。そして音声対話を設計します。

Alexaのスキルを開発するには、以下の5つが必要です。

Alexa搭載デバイスを今すぐチェックする

  1. 音声だけで音楽/映像が楽しめる
  2. 便利なスマートディスプレイが1万円以下
  3. ハンズフリーで家電が操作できる
  4. 無料でビデオ通話が可能

スキル開発のトレーニングについて

Amazon.co.jpでは、Alexaスキルの開発について支援をしています。

Alexa公式サイトで、スキルを開発するための知識を蓄えることのできる情報を公開しています。

スキルを開発するための基礎や収益化するための知識など詳しく学べます。

詳細は、Alexaスキル開発トレーニングにアクセスしてご確認いただけます。

本記事では、代表的な内容をシリーズごとに紹介していきます。

基礎トレーニングシリーズ

初めてAlexaスキルを開発する人向けの情報を紹介しています。

ゼロから実際に動くスキルになるまでのメカニズムを学べるカリキュラムです。まだこの段階では開発の実務には入りませんが、だいたいの大枠を理解することができます。

全6回に分かれて解説されています。

詳細は、Alexaスキル開発トレーニングにアクセスしてご確認ください。

APLトレーニングシリーズ

初めてAPLを作る人向けのトレーニングになります。

APLとは、Alexa Presentation Languageの略です。これを使うとグラフィックや画像、スライドショーやビデオ、アニメーションなどのスキルの視覚エクスペリエンスを作成できます。

Echo Showシリーズなどスクリーン適用デバイスに利用する技術と理解すればよいでしょう。スキルにAPLを導入することで、レベルの高いものを作ることができます。

詳細は、Alexaスキル開発トレーニングにアクセスしてご確認ください。

スキル内課金基礎トレーニングシリーズ

スキル内課金コンテンツのベストプラクティスやスキル内課金の種類、また実際に開発者コンソールを使って開発を行う方法などを紹介しています。

Alexaスキルの収益化はアメリカでは人気サービスですが、日本(2022年現在)では浸透していません。

そのため、早いうちから収益化システムを構築することで浸透してきたときにメリットを発揮できるでしょう。

詳細は、Alexaスキル開発トレーニングにアクセスしてご確認ください。

APIトレーニングシリーズ

APIトレーニングでは、全2回のカリキュラムで本格的なスキル開発に向けたシリーズです。

AlexaリマインダーAPIを使用したスキルの開発方法を紹介しています。リマインダーAPIを効果的に使用すれば、スキルのリテンション率アップにもつながります。

詳細は、Alexaスキル開発トレーニングにアクセスしてご確認ください。

スキル開発に関するよくある質問

Alexaスキルの開発が難しそうで、躊躇している人もいるのではないでしょうか。

本セクションでは、スキル開発に関するよくある質問の回答を紹介していきます。

無料で開発できるの?

Alexaのスキル開発には、費用がかかりません。無料で作成できてしまいます。

Amazon Developerのアカウント/Amazon Web Service(AWS)のアカウントの作成も無料なため、ご安心ください。

初心者でも開発できるの?

Alexaが公開しているスキル開発トレーニングブログを熟読すれば、初心者でもスキルを作成できます。

トレーニング情報に書かれている通りにスキルを作成しましょう。

プログラミング言語の知識も必要ありません。

Pythonの知識は必要?

Pythonはプログラミング言語のひとつです。Alexaスキルを開発をする際、特に凝ったものではなければPythonの知識は必要ありません。

Alexaが公開しているスキル開発トレーニングブログを熟読し、その通りにこなしていけば大丈夫です。

AWS Lambdaに入力するサンプルコードが、スキル開発トレーニング情報として公開されています。