• 公開日:

Kindle Paperwhiteのメリットについて

Kindle Paperwhiteは、本を愛する読書好きにとって欠かせないアイテムと言えるでしょう。

この電子書籍リーダーは、その薄さや軽さだけでなく、特に画面の品質や読書体験の快適さで多くの人々を魅了しています。

本記事では、Kindle Paperwhiteのメリットについて詳しく解説し、読書の楽しみをさらに高めるための機能や利点についてご紹介します。

Kindle Paperwhiteのメリット

本セクションでは、Kindle Paperwhiteのメリットに関する情報をご紹介します。

紙の本より安い

PR

葬送のフリーレン(11) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン(11) (少年サンデーコミックス)

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

Kindle本は紙の本より安く購入できます。また、書籍に行かずに今すぐに手にいれることも可能です。

Kindle本であれば紙の半額で購入できることもあります。

Kindle Paperwhiteを使用すれば、いつでもどこでもKindle本が購入できます。

持ち運びが便利

持ち運び

Kindle Paperwhiteは重さ205gしかありません。軽いデバイスのため、持ち運びも読書も快適にできます。

また、デバイスの薄さも持ちやすくなっており、読書に特化した設計となっています。

他アプリの通知もないので、読書に没頭できるところも人気の理由です。

暗い場所でも読める

バックライト

Kindle Paperwhiteに初搭載の色調調節ライトにより、スクリーンの色調を明るいホワイトから暖かみのある光へと調節することも可能です。

ライトの設定をスケジュールできるため、夜間帯は優しい色に変えるなどユーザー好みに調整できます。

また、文字が大きいため紙の書籍よりも読みやすくなっています。

入浴時も読書できる

防水機能

Kindle Paperwhiteは防水機能搭載のため、お風呂やプールなど、お好きな場所で読書を楽しめます。

防水機能はIPX8等級を備えています。

実験で水深2メートルまでの真水で最大60分、水深0.25メートルまでの海水で最大3分まで耐えられることが確認されているので、うっかり水がかかっても、バスタブに落としてしまっても安心です。

Kindle Paperwhite (16GB) 6.8インチディスプレイ 色調調節ライト搭載 広告なし ブラック

Kindle Paperwhite (16GB) 6.8インチディスプレイ 色調調節ライト搭載 広告なし ブラック

Kindle Paperwhiteのデメリット

本セクションでは、Kindle Paperwhiteのデメリットをご紹介します。

デバイス本体が高い

Kindle Paperwhiteは、最も安価なデバイスを選択しても16,980円(税込)かかります。

そのため、書籍を購入する前にまず初期費用がかかってしまいます。

Kindle Paperwhiteは、本を手軽に持ち運びたい・本棚を所有したくないなど、タブレッドでしかできないことがしたい人にがおすすめです。

バッテリーが切れる

Kindle Paperwhiteのバッテリーは、5時間でフル充電でき、最大10週間利用できます。

バッテリー容量がとても大きいですが、それでも充電を忘れてしまうと使えなくなります。

外出時に楽しもうという時は、前もってバッテリー残量を確認しておく必要があります。

Wi-Fiがないと不便

Kindle Paperwhiteを使用してKindle本を購入するには、Wi-Fi環境が必要です。

Kindle Paperwhiteのメリットはいつでもどこでも本を購入できることやすぐに辞書で単語を調べられることですが、Wi-Fi環境がないと能力を発揮できません。

Wi-Fi環境がなくても、ダウンロード済みのKindle本を読書することは可能です。