• 公開日:

Kindle Unlimitedをおすすめしない理由

Kindle Unlimitedは、電子書籍の読み放題サービスとして人気を集めていますが、一部の人にはおすすめできない理由があります。

本記事では、Kindle Unlimitedを利用する際に考慮すべきデメリットや制約について詳しく紹介していきます。

もし、Kindle Unlimitedのメリットとデメリットを比較し、自分に合った読書体験を選びたいと思っているなら、必読の内容です。

自己出版作品が多い

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

Kindle Unlimitedは出版社が提供している書籍でなく、個人の自己出版の作品も多く取り扱っています。

そのため、表紙や見た目に惹かれてダウンロードすると内容が薄いということがあります。

また、自己出版作品の場合はエビデンスが取れていないこともあり、内容の信憑性が定かではない作品もあります。

日本語の書籍が少ない

Kindle Unlimitedで取り扱われているジャンルは、以下のとおりです。

  • 和書12万冊以上
  • 洋書120万冊以上
  • 全体200万冊以上

全体から考えると、日本の書籍は取り扱いが少ないことがわかります。

そのため、読み放題書籍200万冊以上という内容だけで取り扱いが多いと捉えてしまうのは、少し注意が必要です。

料金が高い

Kindle Unlimitedは月額980円します。しかし、新作や誰もが知っている名作などのラインナップは少ない印象です。

そのため、もし近くにあれば、図書館を利用した方が良いかもしれません。

近年、図書館では電子書籍で本を貸し出ししています。図書館ならアカウントを作成するだけで全て無料で利用できます。

一度、お住まいの自治体の図書利用サービスを確認しラインナップを確認しても良いかもしれません。

コストがかさむ

葬送のフリーレン(13) (少年サンデーコミックス)

葬送のフリーレン(13) (少年サンデーコミックス)

読書好きな人ならKindle Unlimited対象ではない本も欲しくなると思います。

その場合、Kindle Unlimited980円+有料書籍代がかかり、出費が増えてしまいます。

Kindle Unlimitedを利用したことで、結果として合計出費が増えないか検討する必要があります。

他の読書サービスとの比較

Kindle Unlimited以外にも、電子書籍の読み放題サービスを提供している企業があります。

以下の記事では、Kindle Unlimitedと他社サービスを比較しています。

比較をすると、Kindle Unlimitedの圧倒的なコスパの良さと書籍の取り扱い数が豊富であることがわかりました。

ぜひ、以下の記事をご覧になってお確かめください。

Kindle Unlimitedの読める本が少ない?

Kindle Unlimitedがおすすめな人

本記事では、Kindle Unlimitedのネガティブな側面をご紹介しました。

しかし、それでも利用する人が多いのは、自身のライフスタイルに合っているからです。以下の人には、Kindle Unlimitedがおすすめです。

  • とにかくおもしろい作品が読みたい
  • 和書・洋書に関係なく読みたい
  • 欲しい本はすぐに手に入れたい
  • 新作・旧作はこだわらない
  • 小説・マンガ・雑誌すべて読みたい

Kindle Unlimitedは、無料体験サービスを提供しています。

無料体験は1回だけではなく、2回以上利用できたというユーザーもいますので、ぜひKindle Unlimitedのページをチェックしてください。

Kindle Unlimitedを今すぐにチェックする

  1. 初回30日間無料
  2. 追加料金なしで200万冊以上が読み放題
  3. いつでもどこでも好きな端末で
  4. 常に新しいコンテンツが楽しめる
Kindle Unlimitedを今すぐ試す