• 公開日:

Kindle Paperwhiteのカラーについて(世代比較)

Kindle Paperwhiteは、第5世代、第6世代、第7世代、第10世代、第11世代と2023年までに5回のモデルチェンジをしています。

それぞれの世代では、どんなカラーバリエーションがあったのでしょうか?

本記事では、Kindle Paperwhiteのカラーについて、世代ごとのご紹介をし比較をしています。

Kindle Paperwhite 第11世代

Kindle Paperwhite 第11世代

Kindle Paperwhite 第11世代は、2023年10月時点での最新モデルになります。

カラーに関しては、ブラック/デニムブルー/ライトグリーンの3種類があります。

上位機種のKindle Paperwhite シグニチャー エディションも同じく3種類のカラーを取り揃えています。

デバイスカラーは前モデルより彩度が低くなり、これまでのKindle Paperwhiteとはイメージが異なる大人っぽいシックなデザインとなりました。

また、Kindle Paperwhite 第10世代では記載されていたデバイス背面のAmazonのロゴとデバイスの注意書きがなくなり、よりシンプルでかっこいいデザインになりました。

PR

Kindle Paperwhite (16GB) 6.8インチディスプレイ 色調調節ライト搭載 広告なし ブラック

Kindle Paperwhite (16GB) 6.8インチディスプレイ 色調調節ライト搭載 広告なし ブラック

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

Kindle Paperwhite 第10世代

Kindle Paperwhite 第10世代

Kindle Paperwhite 第10世代は2018年に販売されました。

選べるカラーは、トワイライトブルー/プラム/セージ/ブラックの4種類です。

Kindle Paperwhite 第7世代と比べると、カラーバリエーションが増え、より鮮やかな印象になりました。

それまでの読書だけに特化したデバイスイメージから、持ち歩くだけで気分の上がるデバイスへと変化しました。

現在、Kindle Paperwhite 第10世代は販売されていません。

Kindle Paperwhite 第7世代

Kindle Paperwhite 第7世代

2015年に販売されたKindle Paperwhite 第7世代では、初めてデバイスカラーが選択できるようになりました。

取り扱いカラーは、ホワイトとカラーです。

2014年までに販売されていたKindle Paperwhite 第6世代ではカラー選択ができなかったため、Kindle Paperwhite 第7世代は自分好みに選択できると人気のあったデバイスです。

現在、Kindle Paperwhite 第7世代は販売されていません。

Kindle Paperwhite 第6世代

Kindle Paperwhite 第6世代

2013年に販売されたKindle Paperwhite 第6世代のデバイスカラーは、ブラックのみの取り扱いがありました。

旧モデルのKindle Paperwhite 第5世代とデバイスイメージは全く一緒ですが、重さが軽減したりページのめくり速度が向上したりするなどのアップグレードがありました。

現在、Kindle Paperwhite 第6世代は販売されていません。

Kindle Paperwhite 第5世代

Kindle Paperwhite 第5世代

2012年に販売されたKindle Paperwhite 第5世代は、Kindle Paperwhiteが初めて初めて販売されたモデルになります。

デバイスカラーはブラックのみの取り扱いがありました。

現在、Kindle Paperwhite 第5世代は販売されていません。

Kindle Paperwhiteのカラー比較まとめ

以下は、Kindle Paperwhiteのカラーを世代ごとに比較したものです。

現行モデルのKindle Paperwhite 第11世代では、ブラック/デニムブルー/ライトグリーンの3種類のラインナップがあります。

デバイスイメージはシンプルで大人っぽい印象です。

 カラー
第11世代ブラック
デニムブルー
ライトグリーン
第10世代ブラック
セージ
トワイライトブルー
プラム
第7世代ブラック
ホワイト
第6世代ブラック
第5世代ブラック